• 電話:011-863-5151
  • 住所: 〒003-0026
    札幌市白石区本通8丁目南1-10

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各部門
  4. 看護部
  5. 各フロア紹介

各フロア紹介

外来

外来看護師の写真
食事・運動・喫煙などの生活習慣やストレスなどが原因で、病気になる方が増えています。あなた自身やご家族の健康は大丈夫でしょうか?

「頭が痛い」「手がしびれる」「時々 胸が重苦しい」「脳卒中や心筋梗塞になった人がいるけど・・・私は大丈夫?」など、不安や心配をそのままにしていませんか?外来看護師は、患者様が安心して検査を受けることができ、不安や心配な事を一緒に解決して頂けるよう笑顔で取り組んでいます。

手術室、中央材料室

手術室は、開頭術・血管内手術・脳血管造影検査・冠動脈造影検査を担当し、患者様が安心して手術を受けられるように努めています。特に、術前・術後訪問や造影検査前後の訪問を行い、患者様の不安を軽減するように取り組んでいます。また、患者様の安全を第一に考え、カンファランスを行い知識・技術の習得に努力しています。

中央材料室は、患者様と職員のために、安全で清潔な医療材料を提供できるように励んでいます。

2階病棟

2階ナースステーション
2階病棟は、脳卒中ケアユニットを備えた急性期病棟です。
脳卒中ケアユニットでは、脳卒中超急性期の症状が悪化しやすい期間に24時間の観察を行い、早期の状態変化に対応できるようにしています。
また、手術直後の患者様や合併症等により重篤な状態にある患者様の集中的な治療・看護に当たっています。専門的知識をもって、患者様の心身の看護を提供し、そのご家族の精神的ケアの実践を心掛けています。
脳卒中発症という辛い時期を乗り越え、治療やリハビリによって一日も早い自立への第一歩を迎えるため、私達スタッフ一同精一杯の看護を提供します。

3階病棟

3階ナースステーション

3F病棟は、循環器内科病棟として心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈形成術(PCI)、不整脈アブレーション治療、ペースメーカー治療などを行っています。
患者様ご家族様が安心し、安全に治療を受けていただけるようCCU2床を含め急性治療に必要な設備を整えています。
入院から退院後の外来受診まで患者様一人一人に沿ったケアを行えるよう、医師をはじめ他職種と連携し専門性の高い看護を提供いたします。

4階病棟

4階ナースステーション
4階病棟は、脳卒中などを発症して超急性期治療を受けた患者さんが、ある程度状態が安定しところで治療を継続しながら、さらなるリハビリテーションを目的とした病棟です。
より早期に入院前の状態に近づけ退院ができるように栄養指導、服薬指導に併せて生活指導を行い、脳卒中再発予防に力を入れています。
また、2泊~3泊の検査入院もあり、短い入院期間での安全で安心できる看護を提供できるように努めています。